放射能分析結果のお知らせ

文部科学省による長野県の航空機モニタリングによって、長野県の一部(群馬県境付近)で比較的高い値の空間線量、および放射性セシウムの沈着が測定されたことを受け、藤井農園でも野菜と土壌中の放射性物質の測定をしました。

野菜の検体には、ともに栽培期間の長い人参(7月播種、10月収穫)とキャベツ(8月定植、12月収穫)を選びました。土壌は、人参を栽培した圃場(約5アール)の5地点から25センチ深さで採取しました(採取日:12月14日)。


測定結果は、人参、キャベツともに不検出でした。土壌はセシウム-137が7.0Bq/kg、134は不検出でした。詳細は下記の報告書(クリックで拡大します)をご覧ください。
検査機関:未来につなげる・東海ネット  市民放射能測定センター
測定機器:日立アロカメディカル株式会社  MODEL CAN-OSP-NAI
測定日:2011年12月15日
【人参】
ヨウ素-131 N.D.(不検出)  (検出限界 5.6Bq/kg)
セシウム-137 N.D. (検出限界 9.0Bq/kg)
セシウム-134 N.D. (検出限界 9.2Bq/kg)

全セシウム N.D. (検出限界 18.2Bq/kg)

カリウム-40 N.D. (検出限界 80Bq/kg)     

測定時間:100分

人参
【キャベツ】
ヨウ素-131 N.D.(不検出)  (検出限界 5.7Bq/kg)
セシウム-137 N.D. (検出限界 9.0Bq/kg)
セシウム-134 N.D. (検出限界 9.3Bq/kg)

全セシウム N.D. (検出限界 18.3Bq/kg)

カリウム-40 N.D. (検出限界 110Bq/kg)
測定時間:100分     
キャベツ
【土壌】
ヨウ素-131 N.D.(不検出)  (検出限界 4.2Bq/kg)
セシウム-137 7.0Bq/kg (検出限界 3.3Bq/kg)
セシウム-134 N.D. (検出限界 4.7Bq/kg)

全セシウム 7Bq/kg (検出限界 8Bq/kg)

カリウム-40 91Bq/kg (検出限界 56Bq/kg)
測定時間:240分
土壌
以上、取り急ぎご報告です。

2 thoughts on “放射能分析結果のお知らせ

  1. 長野でも放射能の影響を受けているとのこと大変ショックでした。目に見えない所で放射能が忍び寄っている現状は怖いものがあります。ところで2回程、秋田の『かず』でコメントしておりましたが、ご友人の『かず』さんと間違われているようでしたので今回より『かずはる』でコメントさせていただきました。

  2. かずはるさま、すみません。前回間違えてしまいました。すみません。ほんとうに、放射能は見えないので精神的なストレスが大きいですね。今回の結果で安心しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です