猛暑の影響

 
レタスの苗の上に孵化したばかりのキアゲハ
秋らしい涼しさが訪れ、雨の降る日も増えほっとしています。
8月はほとんど雨が降らず、畑はカラカラ。野菜たちは朝露だけでなんとかしのいでいる様子でした。9月に入りようやくまとまった雨が降り、野菜たちが元気を取り戻しました。
しかし、夏の猛暑の影響で虫が増えているのか、葉物の虫食い被害が多くなっています。植えたばかりのチンゲン菜やルッコラが、まだ小さいうちに虫に食われ、枯れてしまうことも。また普段あまり虫に食われないほうれん草やまだ小さい冬大根まで食われ、今後の生育が心配です。

サラダほうれん草・・・小さいアオムシがたくさんついて、葉が食べられています。
かぼちゃの収穫が一段落し、さつまいもの収穫を始めました。今年は鳴門金時を中心に、ベニアズマとパープルスイートロードという紫いもを作っています。来月からお届けする予定です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です