育苗用ハウス完成!

週末に組み立てた育苗用の10坪ハウスにフィルムを張りました。張るのはビニールでなくフィルムです。以前は農業用ビニールが多く使われていましたが、最近は耐久性のあるPOフィルム(ポリオレフィン系フィルム)がよく使われます(だからビニールハウスという呼び方は間違っている場合が多く、間違いのない呼び方はパイプハウスです)。

午前中、まずはサイドのフィルムを周りに張りました。パッカーというプラスチックの道具で要所をパイプに固定しながらぐるりと一周します。

午後、天井のフィルムを広げました。フィルムの両端と中央の3箇所に紐をくくりつけて反対側から引きあげます。フィルムが広がったらパッカーでパイプに固定。その後ハウスバンド(マイカ線)を、ハウス両脇の地際にらせん杭で固定したパイプに強く結びつけ、フィルムのバタつきを抑えます。

完成!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です